観なかったら意味がない

上越市高田公園の桜を観てきました。
本当は土曜日が良かったのですが、満開日から日数が経過して
散っていたら嫌なので水曜夕方に行って木曜午後に帰る計画を思いつきました。
これなら仕事上がりに直行しないで水曜は夜桜だけ、木曜に日中の桜を観て
余裕を持って往復出来ます。素泊まり出来る宿の残りを探して予約。
朝の仕事はキツかったけど1時間くらい仮眠してからの出発でした。

長野市南部から上越地方へ向かう際、高速道路を使うメリットは
近所の渋滞を回避出来ることくらいしかありません。
上信越道は飯山市の近くまで北上し、そこから西に大きく曲がります。
長野市街地渋滞を我慢して浅川まで抜けて県道37号に入れば
勾配やカーブは多くて燃費は多少悪くなりますがそれ以上に
距離を短縮出来ます。黒姫から国道18号に合流すれば
その先は直江津まで高速で流れています。
ましてや今乗っている車は軽自動車ではなく普通車です。
というわけでいつもの県道37号ルートです。
せっかくETC搭載してもらったのに殆ど出番が無い(笑)

詰まったのは市街地渋滞だけ、県道37号も問題なし、
国道18号は思い切り流れていたのでクルーズコントロールで
速度固定、ただでさえ軽自動車との比較で踏み込みの少ない右足が
更に楽出来ました。目的地は観桜会の駐車場、といっても
河川敷は悪天候でグチャグチャだろうから敢えて遠くの
Valor上越モールへ行きました。18号からICみたいに降りてすぐ。

Valor上越モールはケーズデンキなんかも一緒のSCなので駐車場も
結構広い!出来てそう経過していないお陰で綺麗!
早速折りたたみ自転車を出してすぐ出発…しないでValorのフードコートで
ソフトクリームを頼んで一休みしてから。食べている目の前で
シャトルバスが入ってきたけどこっちは自転車で行くからいいです。

170412-01.jpg
Valor駐車場から西へ自転車を走らせると桜並木がありました。
そして歩いてくる若い女の子がチラホラ。門を見ると「新潟県立看護大学」
のプレートが。右手には新潟県立中央病院があります。
そこを抜けるといつもの道路が見えてきました。

170412-02.jpg
この道を自転車で走るのはもちろん初めて。
駐車場は既に満車でした。やっぱりあっちで大正解。

170412-03.jpg
去年は来なかったので、何となく久しぶな気分です。

自転車を駐車場へ駐めました。警官の詰め所が
目の前なんですが念のためにアースロック二重。
人が多い所でワイヤーカッターのお化けみたいなやつを
使う人間が居たら見てみたい。

いざ撮影!というところで雨が降ってきました。
いきなりか…図書館の入り口の庇で雨宿りしつつ
カメラリュックにレインカバーをかけ、折り畳み傘を取り出して
歩くモードにチェンジ。暫くすると止んできたので
カメラを取り出して撮影開始。

170412-04.jpg
さくらロードは2つあり、こっち側はシートが敷かれています。

170412-05.jpg
こっちは普通のアスファルト。

170412-06.jpg
三脚は車に置いてきた(自転車では持ってこれなかった)ので
明るい内に撮れるものは撮っておきます。

170412-07.jpg
過去に初めて来た時ありましたが伝統なのでしょうか。

170412-08.jpg
お城側を歩いていると、本格的に雨が上がったようでした。

170412-09.jpg
赤い橋、ピンクの桜、真っ白い山、真っ青な空、
というのを以前は普通に撮れたんだけどなあ。
一眼レフを持ってからはサッパリです。

170412-10.jpg
そうこうしている間にお城のライトアップも始まりました。

ここから先は高感度撮影の世界。三脚無いから仕方ないね。

170412-11.jpg
西堀の桜も綺麗。

170412-12.jpg
無風状態で蓮池に橋が綺麗に映り込んでいます。

170412-13.jpg
今年は蓮を見に来ようかな。

170412-14.jpg
橋を撮り始めるまでは渡っている人が居ませんでした。
いつもだったら反対側からも撮影している人が
沢山いるのに、この日は全然。天気が悪いせいです。

170412-15.jpg
ISO25600だとこんなもん。手持ち撮影出来るだけで十分です。

170412-16.jpg
画質はともかく風が吹いてきました。残念。

170412-17.jpg
明るくて距離が近めの建物だとISO25600でも全く気になりません。

170412-18.jpg
最後に夜のさくらロードを。

170412-19.jpg
三脚の本格的な人もスマホの人も譲り合っていい感じで撮影していました。
雰囲気良し。


170412-20.jpg
三脚を持ってこれたら綺麗に撮れていたろうけど
それはそれで歩き回るのが難しかっただろうから
目で見る分には結果オーライでした。
来年は出来れば好天に恵まれたいものです。









COMMENT 0