ようやく工事完了

頭の重さ、喉の違和感は酷い時より軽減されているものの
回復とはならず、三ヶ月目に突入しそうです。

先月受けたCTスキャンに続いてMRI検査を受けました。
検査部位が脳なので食事制限はありません。
MRIは強力な磁気を発するので金属の一切無い服装で検査を受けます。
音はブーンガンガンと我慢出来なさそうな大きさで
始まり、すぐにハンマーノックみたいな音を一定のリズムで
発してその後でブーン。音はどうにか慣れてきたのですが
寝かされている後頭部に圧迫痛。なんだか硬い物が下にあるのか
というくらい。それでも検査結果は「異常なし」。
脳の太い血管に少し瘤のようなものが見られましたが
映像を見るとそこから薄くなっていて、恐らく毛細血管に分岐する形状
ではないか、と。仮に瘤であっても1mm程度で即座に
自覚症状が出るとは考えにくいそうです。
他人の脳動脈瘤のサンプルも並べて見せてくれましたが
比較すると私の脳内血管は普通に健康体。
CTスキャンの結果と総合すると「正常な脳」。

だから問題があるとすれば自律神経系、ってことになると思います。
以前より疲れやすくなったような気がしますが、仕事をやっていて
動けなくなったとかいうのは全然ありません。今はむしろ
とても良い感じなので、あまり深く考えないようにします。

暑さ耐性の低下を懸念して親が私の部屋にエアコンを
設置してくれました。単なるエアコン設置とはいかず
配線工事も必要なためハウスメーカー経由にして高くつきましたが、
設置工事が遅れたことに対するお詫びで最初の予定より
高スペックの機種(型落ちだけど)を同じ料金で用意してくれたので
長期的には得をしました。エアコンが設置されてから配線工事までに
更に長い時間が空き、それまでは二階のトイレから
電源を引いてきて無理やり使ってました。
ただ8月後半は涼しかったのであまり使う機会はありませんでした。
9月にはいり、本日やっと配線工事が実施されました。
床下から屋外を通じてベランダからエアコン室外機の穴を使って
私の部屋に配線する工事だったので外壁は若干みっともなくなりましたが
家の廊下や天井を這わせまくるよりずっとスタイリッシュに仕上がりました。

170906.jpg
新たな専用コンセント。これでトイレのドアが完全に閉まる(笑)
ちなみに部屋からはドアの上の通気口のスリットを
一部破壊して電源ケーブルを廊下に出していたので
部屋のドアは完全に閉まってました。トイレには
換気扇と窓以外は塞がっているので同じ手は使えませんでした。


一番暑い時期に使う事は出来ませんでしたが、
元々暑い方が好きで寒いのが大嫌いな私にとっては
むしろ冬の方が役に立ちます。

COMMENT 0