ひたすら回す

ようやく11月2日誕生日の日記です。

171102-01.jpg
先月、バンブーさんが誕生日プレゼントに選択肢を用意してくれました。
その中で実用性の高そうなペダルをリクエスト。それがこの
三ヶ島ペダルの「ALLWAYS」です。

ペダル交換には15mmのレンチが必要です。
15mmのナットを締めるスパナはいくつも持っています。
でもそれでは短くて小さくて締め付けに大して負けて
破損する恐れがあるので専用レンチを購入しました。

171102-02.jpg
専用レンチは35cmもの長さです。厚みがそこそこあり
ナットにきっちり嵌って簡単には外れません。
自転車ショップがギッチギチに締めたであろう
元のペダルもちょっと体重をかけたらすぐ緩みました。
写真は左クランクなので逆ネジ。緩めるには右回しです。

171102-03.jpg
元のペダルは小さくて軽くてRAIL700の10kg切りに一役買っています。
大きな不満はありませんでしたがガシガシ踏むのには向いていません。
乗った感想で「強く踏み込むと力が逃げている」とブログに書いている人がいましたが
フレームの弱さだけではなくてペダルもその理由の一つではないかと推測。

171102-04.jpg
装着完了。専用レンチで強く締めておけば外れる事はないでしょう。
このペダル、空転させるとよく回ります。

街中と堤防道路を往復した感想。
・ペダルが大きくなり、踏み出しが楽になりました。
  いくら正しいペダルの位置が足の指の付け根部分でも
  小さいペダルだとストップ&ゴーの多い街中では不利。
  大きいは正義。
・ペダルから足が離れにくくなった
  これはバンブーさんが言っていた通り。
  公式にもあるようにスパイクピンや
  中央部分が沈んでいる形状のおかげ。

膝への負担が小さくなるように軽めのギアをハイケイデンスで走る
私にとっては更に楽になるパーツ交換でした。

COMMENT 0