パーツが存在した

まだ11月の半ばですが、面倒くさくならないうちに
タイヤの交換を済ませました。私の車のスタッドレスは2シーズン目。
ウチの油圧ジャッキのラバーはとっくの昔に壊れていて、
硬質ゴム部分から金属が剥き出し。そのままジャッキポイントに
あてがったらポイントが壊れてしまいます。
だからいつも父が木材や別のゴム板を持ってきて
適当に当てるのを何シーズンもやってきました。
何か良い方法がないかネットで調べると
ラバー部分が交換出来そうな事がわかり、
ホームセンターで交換パーツを買ってきました。

元々のラバーはお皿タイプ。本体とは金属のハトメと
C型輪留めで固定されています。売り物の交換パーツは
厚手の円筒形硬質ゴムで中央に1cmくらい縦に凹みが出来ています。
底に独楽の軸のような出っ張りがあり、
元々のお皿タイプをピン類ごと外した後のピン穴に
その出っ張りを差し込み、出っ張り横についている小さな穴に
付属の固定金具を差し込んで交換完了。ガタガタしますが
多少は遊び部分が無いとジャッキアップ時の僅かなズレに
対応出来ません。

使った結果…フロント部分は問題なし。ジャッキポイントに
綺麗にハマりました。リア部分はポイントの金属板が少し幅広で
キツキツ。適当に当ててジャッキアップしたら板が歪んじゃいます。
使用後はラバーの凹み部分の側面が少し皮剥け状態になりました。
余計な物を当てる時に比べて楽にはなりましたが、
皿か平らなタイプの方が良かったのかもしれません。
ただ売っているのが凹み型一つだけだったので
店頭での選択肢は一択でした。

あと余談ですが1本目のタイヤを外す際、
クロスレンチの回転で左手甲を打撲しました。
腫れるまでには至らなかったので安静時に
痛みは発生しませんが、人差し指と中指の間の
手首側が触るとものすごく痛い。グーパーはほぼ問題なし。
手首を手のひら側に曲げると甲の筋が伸びて痛みます。
タイヤを持ち上げることは出来たので仕事はイケそう。
取り落としには細心の注意を払う必要がありそうです。

COMMENT 0