そこそこのいい買い物をしたつもり

Amazonのサイバーマンデーセールとやらで
2つばかり買い物をしました。

171212-01.jpg
一つ目はモバイルバッテリー。手持ちのPanasonic QE-PL301
無接点充電対応で8100mAhの優れものですがその分厚くて重たい!
東京に行く時以外殆ど使わず。半分くらいの容量で嵩張らないものが
以前から欲しかったのに全く買ってなかったのでセールに乗じて購入。
この容量にしてはあまり安くなかった…
しかしその大きさたるや、上の写真のZTE Blade V6より小さく、
液晶画面の大きさと同じくらい。厚みはさすがにスマホよりはありますが、
QE-PL301の半分以下です。重さも半分以下。

171212-02.jpg
嬉しいのは、ケーブルが内蔵されていること。
micro USB側のケーブルが断線してもLightningケーブルに
変換コネクタを噛ませればそっちでも使えます。
いずれにしてもケーブルを持ち歩くよりは邪魔になりません。

171212-03.jpg
二つ目はワイヤレスイヤホン。これについては後に書きます。
数年前に買ったAudio-technicaの
AT-PHA05BTは今でも使っているBluetoothレシーバーですが
高性能故かデカイ。セットだったCKM500の短いバージョンが
断線でオシャカになってしまい、普通の長さのイヤホンに替えてからは
ケーブルの取り回しに苦戦するようになりました。
レシーバーを胸ポケットに留めたら余ったケーブルがだらーんとなります。
「じゃあ有線にするかー」と思ってスマホに直接挿していたら
VictorのHA-FX1Xが断線しつつあります。

今回、このワイヤレスイヤホンのセール価格がHA-FX1Xの購入価格と
ほぼ同じだったので、代わりになればいい程度の思いで購入。

171212-04.jpg
ボタンは3つ、単純でわかりやすい。磁石で左右がくっつきます。
外している間は首輪にしておけば邪魔にならないという訳です。

171212-05.jpg
イヤーピースがやけに充実しています。
私の場合だとピースの大きさは最初のものがピッタリだったようです。
一度小さいものに交換してみたら重低音が逃げて音がスカスカになりました。
フック部分は当たって痛くなってきたので小さいものに交換したら
こっちはフィットしました。

音質はなかなかのもの。今使っているZenFone3Laserや
タブレットのXperia Z3 Tablet CompactはaptXに対応しています。
確かに「しっかり」聞こえます。私にとってはこれくらいの音質があれば
十分です。ここから上を求めると安いイヤホンで音楽を聴けなくなってしまいます。
(16日追記)
PCの音声をイヤホンで聴く時に無線だとありがたい時があります。
apt-xで聴けたら尚更。サンワサプライのBluetooth4.0 USBアダプターを購入して
接続。Windows標準ドライバだとブチッブチッとノイズが乗った上に
流れる音も海の中状態でしたが、付属のCDからドライバをインストールすると
画面右下にapt-xの何かのロゴが出て、高音質になってくれました。
イヤホンの主たる使用目的はあくまでスマホ・タブレット音声の無線化ですが、
状況に応じてこまめに各端末とのペアリング・解除を繰り返すようにします。

COMMENT 0