目的は達せられた

8月25(土)~27(月)は東京に行ってました。
浅草サンバカーニバルを観るのが目的で、あとは適当です。
土日を使って東京へ遊びに行くのは今年で最後かもしれないので
友達とも姉とも会わずに好きなタイミングで好きな行動をしました。

25日は朝の帰宅時刻が遅くなればその分だけ東京に着くのが遅くなります。
運良く?9時30分に帰宅出来たので11時手前の新幹線に間に合いました。
いつもは大宮から在来線で東京へ向かうのですが、浅草サンバの為に
上野まで乗りました。自分の中で贅沢だ。上野駅では銀座線の改札に近い
コインロッカーにカメラ関係以外の荷物を預けました。
上野公園方面出口へ向かうスロープの手前にあるコインロッカーは
PASMO対応式に変わってました。現金のみのロッカーだと競争率低いのに
進化してしまって少し残念。少し戻って日比谷線側のPASMOロッカーに預けました。
最終的に銀座線に乗るのに楽出来るならどっちでも構いません。
少々身軽(背負ってるスリングバッグは3kgくらいある)になったところで
銀座線で浅草へ。人が比較的少ないゴール付近で撮るつもりで田原町で
降りる予定でしたが「どれくらい混んでいるか実感したい」と思って
普通に終点浅草で降りました。初めてサンバを観た3年前は悪天候だったので
観客はそこまで多くありませんでした。しかしこの日は快晴。凄い人でした。

180825-01.jpg
そうこうしている内にお祭りスタート。雷門前で一回は撮りたくて
人の合間を縫って撮影。

180825-02.jpg
本場の人は体つきが違います。ヒョロヒョロの私より筋肉ありそう。
その後はゴール方面に近づきながら撮れそうな場所を探して
180825-03.jpg
カメラを一脚に固定してその一脚を専用ホルダーで支えながら撮影。

180825-04.jpg
後ろの方で撮影しているから広角だと人の頭ばかりで
結局トリミングすることになり、それなら最初から望遠で撮影した方が
AF位置や絞り値による被写界深度の変化を細かく考えなくてよいので
なるべくズームさせていますがそれでもトリミングしてあります。

180825-05.jpg
親指AFで連写、といきたかったけど結局ワンショットでやっていたから
結構ピントが外れています。機材は良いのに私の設定と腕が足りませんでした。

180825-06.jpg
それでも機材によるAF精度や画質の良さは七難隠す?

180825-07.jpg
斜め前方からじゃないと集団を撮れません。
鉄道を至近距離で真横から撮る人が居ないように
奥行きが無いってのは駄目ですよね。

180825-08.jpg
これはトリミング無しでこの絵です。
望遠域で基本日の丸構図。

180825-09.jpg
こういうのが真横に近い状態です。
道路側のギャラリーが立たなければ…と思っても
前列の人達は朝から席取りを頑張った結果なので
開始直前に到着した私が何か言えたものではありません。

180825-11.jpg
一度離脱してから雷門通りの反対側に回ってゴール後の撮影。
大きな靴に入っているのを見るとスーパーマリオを思い出します。
この後に一度サンバ観戦から離脱してビジネスホテルでチェックインを済ませました。


180825-12.jpg
戻ってきたらこんなパレードが始まっていました。
ガシャドクロ?周りも妖怪っぽいからそうなんでしょう。

180825-13.jpg
見た目が禁止された遊具みたいですが実際に回っていました。
すごい装置。

180825-14.jpg
180825-15.jpg
終了時刻が近づいてISO感度もオート設定だと
跳ね上がります。ガチ勢の方々はフラッシュ撮影。
私はそれに便乗。

180825-16.jpg
ゴール後、ダンサーさんが移動車の上から降りる際、脚立を用意してもらって
恐る恐る降りていったのですが、その動作がポールダンスみたいでした。
いいものを観た(笑)

180825-17.jpg
祭りの後の撤収作業が早い。歩行者天国が解除される時間が迫って
警察もピリピリしてました。

180825-18.jpg
浅草寺の仲見世は混みまくり。何かイベントがあってもなくても
とにかく混む場所です。奥まで行くのを諦めて
ビジネスホテルへ帰りました。

一脚をホルダーで支えていたとはいえ
3kgの荷物を抱えながら移動していたので
朝の仕事の分も含めて疲れました。しかしながら
「浅草サンバカーニバルを観られて良かった」という満足感も得られました。

COMMENT 0