やっと行かれた

15日(土)深夜~16日(日)の話。

実は東京へ行く数日前から体調が優れず、
半月経っても治っていません。
深刻な病気なのか自律神経がやられてこうなったのか
分かりませんがブログの更新も億劫になって
ほったらかしにしてました。個人の日記として後で見返す用に
更新します。

15日(土)夜の続き。
泊まったビジネスホテルは狭い和室ながらも
ユニットバス&トイレ付き。ドライヤーが無かったけど
予約時よりも髪がだいぶ短かったのでタオルで十分でした。
エアコンは家庭用のもので操作がしやすく機能が豊富。
29℃に設定するとすぐ涼しくなりました。
テレビは殆ど点けず、電気ケトルはノータッチ。
家では夏でも毎日熱い飲み物を飲んでますが、
外で暑い状態からではさすがに熱いお茶を飲む気にはなれません。
Wi-Fiもありました。最初はパスワードが分からず苦戦しましたが、
聞きに行こうと思って乗ったエレベーターに書いてありました(笑)
調べ物をするには十分な速度。ニコ動やabemaもいけたでしょうね。
Wi-Fiに繋げたり各種充電を開始したり入浴したりで就寝。

16日(日)は5時に起床。いつもの睡眠不足です。
身支度を整えたりカメラ関係をリュックに詰めたり
コンビニで朝食を買ってきたりして最後にシャワーで
汗を流して2時間半くらい経過。チェックアウトまでには
時間の余裕があったので浅草寺は外出扱いで撮影して回って
また戻ってこようかと思いました。しかし行ったり来たりは
それでまた疲れるかもと思ったので早めにチェックアウトすることにしました。

170716-01.jpg
浅草寺には飽きるほど足を運んでおきながら
花やしきには一度も来たことがありません。
さすがにおじさん一人じゃ辛いですかね。

170716-02.jpg
団体入り口の手前にはパンダのポストが。
上野公園のやつはイラストだけですがこっちは人形。

170716-03.jpg
浅草寺の鯉。華やか。

170716-04.jpg
観光客が増えてきました。雷門は工事中。

ずっと浅草に居ても勿体無いので、5月の遠征時に行かれなかった
新宿御苑に行くことにしました。電車に乗る前に外のコインロッカーに
荷物を預けました。12時間200円なので安上がり。

祭り1日目

15(土)、16(日)は東京へ行ってきました。
ブラジルフェスタの見物が主な理由。

新幹線は当初の予定より1時間早く乗れました。
その時間に乗れると最初から分かっていれば大宮までにして
新幹線代をケチったのですが仕事の関係でそういう訳にもいかず。
カメラ関係以外の荷物は上野駅の改札内のコインロッカーに預け、
山手線で原宿まで。ホームで人の流れのまま出たら
竹下通りの方に出てしまいました。原宿駅はもっと広ければよかったのに。

170715-01.jpg
とりあえず道路を渡ってこれだけ撮ってからまた戻り、

170715-02.jpg
明治神宮もこれだけ撮って代々木競技場の先へ。

170715-03.jpg
快晴に近い晴れでも人は沢山。

170715-04.jpg
でもわざわざ直射日光に当たるよりは
日陰にいる人が多かったです。

一万円未満。

週末の東京遠征や今後の長野県内のお祭り見物に役立つ…
ようにしたい社外品。純正品はとにかく高すぎるので手が出せず。

170712-01.jpg
ストロボ。Canon純正の270EXⅡではモノが小さすぎて
フルサイズ機の大きなレンズではケラレが発生します。
これは高さが稼げる分だけレンズが影になりにくいです。

170712-02.jpg
カメラ装着時は24mmから105mmの焦点距離に対応、
まさに今使っている標準ズームレンズ向け。
今回、夜に撮影する機会があるのかは不明です。
もしあれば積極的に使います。

170712-04.jpg
バッテリーも。2個セットで純正1個の三割価格。

これらはすぐ壊れる可能性があります。
なので過渡の期待は避け、何回使えば元が取れるのか
そんな程度の考えにしておきます。ストロボはともかく
バッテリーはこれらをメインにして純正品を保険で
取っておきます。

大丈夫そうだけど無理はしない

昨日はながの祇園祭の見物に行きました。
カメラ2台持ちでどれくらい動けるかを
東京遠征前に予行演習したかったのです。

フルサイズ機はEOS 5D MarkⅢにEF24-105 F4L IS USMと
EF70-300 F4-5.6L IS USM。
APS-C機は EOS Kiss X3にEF-S 18-135 F3.5-5.6 IS STMに
SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM 。

総重量的にはフルサイズ機1台とレンズ4本に匹敵します。

170709-01.jpg
朝8時過ぎ

170709-02.jpg
9時半くらい

170709-03.jpg
10時ちょうど

この後、善光寺の山門で奉納がありましたが、
規制線の両脇から撮るには高い位置から
バリアングルモニターで覗かないと無理。
6D MarkⅡは高いしフルサイズ機に全移行するつもりはないので
出来れば今年中にKissのXiを中古でいいので購入することにします。


170709-04.jpg
正午を少し過ぎた頃、舞ってない獅子を撮影。


170709-05.jpg
2時頃、道路のアートを撮影。



半日動いた結論。2台体制は恐らく問題なし。
速写ストラップのCARRY Speedはフルサイズ機を持ってから
その本領を発揮しています。アキバヨドバシで買った
ニンジャストラップは有効活用していませんが
長さが調節出来るのでネックでもショルダーでも使えます。

東京だと徒歩での移動距離がどうしても長くなるので、
なんにしても大変です。リュック単体の時点で重い
Loweproのカメラリュックだと厳しいかもしれません。
VAUDEの登山リュックだと少しは楽かもしれません。
どのリュックを使う以前に折りたたみキャリーカートを使うつもりです。
とにかく体力の消耗を避けられる方法を選びます。
当然飲み物も必須。
先週末に中古の「スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ」を
買って現在プレイ中です。PS4版です。
当初はこのソフトの発売と同時にPS4の本体を購入する予定でした。
しかし昨年はカメラ関係でお金が沢山出ていったことで
先送りになり、今年の2月に版権スパロボの「スーパーロボット大戦V」が登場、
ようやく本体を購入してゲームの新品購入をそちらに譲ることとなりました。

ムーンデュエラーズ(以後MDと表記します)を始めるにあたり、
前作の第二次スーパーロボット大戦OG(以後第二次OG)から4年以上経っていることで
ストーリーもシステムも記憶が曖昧。なのでMDを買う前に第二次OGを少しプレイして
思い出しました。でもMDには初見プレイの人用?にOGシリーズの過去作品を
ダイジェストで流してくれるモードがありました。その第二次OGと
未プレイの「ダークプリズン」を全部視聴して把握しました。ダークプリズンは
「スーパーロボット大戦EX」のシュウの章のリメイクなんですね。
マサキの章とリューネの章は第二次OGの前半で再現されてシュウだけ単独とは。
これで魔装機神のストーリーは完全に版権から切り離されました。寂しい。
一昨年にウィンキーソフトも倒産した方がもっと寂しかったけど。

今回の新キャラはゲームボーイアドバンスで出た「スーパーロボット大戦J」のキャラ。
3人の女の子の誰をサブパイロットにするかで演出が違うのでストーリー以外は面白かった作品でした。
今回始めて声がついた訳ですが、男女の主人公と三人娘の声優が今の深夜アニメでは
確実に名前を見る面々で、別に悪くはないけどそっち界隈じゃなくても
良かったかなって気もします。

ゲーム開始でビギナーズモードを選択。SRポイントを獲得しても
お金やPPが貰えるだけで難易度は上がりません。
攻略サイトなどで注意点を見ると照準を優先的に改造しろと
書いてあったのでそれに従います。実際にゲームを進めると
確かに命中率は最初の時点でも低めですね。
指揮官スキルのある戦艦やカイの指揮範囲内で
地形効果を活かしつつ適宜精神コマンドを使用するしかありません。
現時点でアラドはまるで当たらない。ビルトビルガーに
あまり改造費用を使いたくないなー。
このブログ記事を書く直前に仲間になったアルフィミィは「感応」持ちなので
アラドに使ってあげました。消費SPが15と低いから複数回使えます。
アルフィミィはSP回復持ち。でも精神コマンド要員にするのは勿体無いです。
専用機のペルゼイン・リヒカイトはHPもENも自動回復持ち、ビームコートでダメージ軽減、
気力130以上で「必中」以外は回避率50%確定、射程長い、
ボスキャラ相手でもマブイエグリで刺しまくり。かつて自身がボスキャラだっただけあるな。
水谷さんの声はエクセレンよりこっちで堪能することにします。

一気にキャラが増えても改造資金は無し。誰を使えばいいのか分かりません。
SRXチームもR-1以外が使いづらいしSRXに合体させても
そっちはそっちで別に改造しておかないといけないから
ただでさえ少ない資金が一気に底をつきます。
「全滅プレイ」するしかないですかね。

本日2017年6月28日は奇しくも
「スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS」の発売日の
丁度10年後です。
http://shun1102.blog1.fc2.com/blog-entry-776.html
特典が同梱されていなかったトラブルも懐かしい。
あれから10年か…私は当時と比較して全ステータスが劣化しています(汗)